読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

全国ノスタルジー探訪

現代に残る、身近な過去を探してあちこち歩いてます。

待ち犬コレクション Vol.6

ブログのメインテーマと何の関係もないシリーズ、久々に。 やはりお店で買い物している主人を待つ犬、というシチュエーションは、その犬の忠誠心のようなものが見えて心を打ちます。と言っても、誰にでもしっぽ振りますけど(笑)。 島忠とか、ペットと入店で…

待ち犬コレクション Vol.5

何となく珍しい組み合わせ。 長くね? フォトジェニックな待ち犬写真。タイトルは「赤いスカートと黒い犬」。 自分の可愛さわかってるでしょ? 犬の中では柴犬が一番好きです。素朴な可愛さがあるよね。 島忠にはペットを乗せられる専用のカートがあるんだぜ…

コンピューター

私はもうすぐ三十路ですけど、「コンピューター」と聞いて真っ先に思い浮かぶのが、みんなのうたの「コンピューターおばあちゃん」。久しぶりに聞いてみたけど名曲ですね。今聞いても全く色褪せない。ウィキペディア先生によると編曲者は坂本龍一ですって!…

閉店喫茶

もう過ぎてしまったけど4月13日は喫茶店の日。由来は1888年4月13日に上野で日本初の喫茶店「可否茶館」が開業したことから。現在、跡地にはコーヒーカップの記念碑がある。■参照 可否茶館は5年で閉店したらしいけど、現代も進行形で多数の喫茶店が閉店してい…

おさぼり喫茶

基本的には内勤の私ですが、たまに一人で外出する機会があれば喫茶店でさぼることばかり考えている。そんなおさぼり喫茶のご紹介。江戸川橋にある珈琲専門JOY。やはり場所柄、客は出版関係の人が多い様子。私が行ったときも、そんな会話が聞こえてきた。なか…

とびだし注意!看板

街でよく見かける、子供のとびだし注意(危険)看板。色々なバリエーションがあって、集めてみるとなかなか面白い。■ 多分コレが一番オーソドックスというか、よく見かける気がする。■ 立て看板バージョン。微妙に違う。 ■ 右の習字風フォントに惹かれる。轢…

東京の史跡巡り

散策ついでに立ち寄った東京の史跡について少しご紹介。どれもメジャーですけど・・・【平将門の首塚】 東京駅のほど近くにある、平将門の首塚。通称「将門塚」。名前の通り、平将門の首を祀っている塚である。詳細はウィキペディアでも見ていただければ。(手…

待ち犬コレクション Vol.4

今回は間違い探しだよ!ニセモノはど〜れだ?

待ち犬コレクション Vol.3

今更ながら、これブログの主旨と関係ないじゃん!ということに気付いてしまいましたが、 気付かないフリして続けます。そこに待ち犬がいる限り・・・ 今回はなんと、あの・x・ぼくののうみそのzukkini氏からも写真をご提供いただいたので、ホクホク顔で掲載させ…

クリーニング屋が気になる

タイトルの通り、クリーニング屋が気になるのです。 ■ 店名が気になる 「おしゃれ共和国」とは大きく出ました。因みにおしゃれ共和国のトップはシミヌキーナ大統領。 いいセンスしてやがる。 ■ キャッチフレーズが気になる たかがクリーニング屋、されどクリ…

待ち犬コレクション Vol.2

見つけたら撮るのが待ち犬。それはあー言えば上祐みたいなものだ。 頂き物だけど、これは今世紀最強の呼び声高い待ち犬。通称、島忠犬。激萌え。

レトロなパン屋

ショーケースで販売している昔ながらのパン屋が好きなのです。 これが意外と少ないんですよ。私が知る限りの情報を以下に列挙。■ 代々木 文明軒 これですよ、この感じ。たまごパンが美味しいと評判。 ■ 三ノ輪 パンのオオムラ このワクワクする佇まい。コロ…

待ち犬コレクション

見かける度にいつも気になる存在、それは待ち犬。 その姿は十犬十色だが、基本的には小型犬は落ち着きがなく、大型犬は悠然と待ち構えている。 私が一番好きなパターンは、絶望的な表情で飼い主が居るであろう方向をジッと見つめている犬。 「大丈夫だから」…

ニグロ

昔からの美容・理容室は謎のテクニックを売りにしていて非常におもしろい。先日、恵比寿で見かけた理容室の看板の『ニグロ』。ニグロって何だろう?と考えつつ、 嫌な予感がして家でグーグル先生に尋ねるとやはり!トップに差別用語として紹介されていた。 …

高円寺・在りし日のクロンボの看板

暇なときに都内クロンボ巡りでもやってみようかと思い、グーグル先生に尋ねてみると、ムムッ! クロンボが無い!珍しいものではないと思っていたので、この結果は意外だった。時代の流れというものか・・・。猛烈に阿佐ヶ谷のクロンボが愛おしくなった。数年前…