読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

全国ノスタルジー探訪

現代に残る、身近な過去を探してあちこち歩いてます。

【大衆酒場】押上・大黒屋 (閉店)

墨田区

押上に前から行きたいなーと思っていた酒場がありまして、近くまで来たのでついでに行ってきた。
本物の酒好きならご存知かもしれないけど、生ホッピーをいただける大衆酒場・大黒屋。
もうこの外観、間違いないでしょ。店内はコの字カウンターの正統派。実はコの字は初体験だったので筆おろしできて嬉しい。

大黒屋4 大黒屋1

早速注文しようとしたら「お通しを出すまでは注文しないで」と店のおやっさんに注意された。このおやっさん、80歳を過ぎてもまぁ元気がいいこと。絵に描いたような江戸っ子気質で、お店には以下のルールがあるらしい。(私はバレないように写真を撮りましたけど)

・お通しを出す前に注文しない
・撮影禁止
・携帯禁止

珍しい生ホッピーが有名な大黒屋ですけど、同等に有名なのがレモンハイ。常連曰く、ここのレモンハイは酔い方が違うらしい。気付いたら深酔いしているんだとか。ソレ、一番怖い酔い方じゃん・・・。私もレモンハイを注文して普通にスルスル飲みましたけど、確かに飲み終わる頃には結構酔いが回っていたかも。氷が入ってないから薄まらないというのもあるんだけど。

そして気になったのが「HOPPY DRINK」という炭酸。聞くところによると、おやっさんがホッピーの先代の社長さんに頼んで特別に作らせた代物だとか。スゲー!確かにHOPPY DRINKなんて見たことない。お会計の際はこの瓶を数えるので、お客の前には飲んだ分だけこの瓶が並んでいる。

大黒屋2 大黒屋3

店内は常連ばかりでほとんど顔見知りの様子。中には「50年も通っているわよ!」というばあちゃんがグビグビと楽しそうにビールを煽っていた。カッケー!「酒は百薬の長」というけど満更ウソではないなと納得。いいなぁ、こんなコミュニティー。古き良き大衆酒場のあるべき姿、ここにあり。

【店舗データ】
住所:東京都墨田区業平4-6-19
営業:17:00〜21:00くらい

【追記:2013年6月2日】

こちらの記事によると、2013年5月17日で閉店したようです……。