読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

全国ノスタルジー探訪

現代に残る、身近な過去を探してあちこち歩いてます。

【酒場】西荻窪・珍竹林

杉並区

私の中の住みたい街ランキングの上位に入っている西荻窪
目立たない街だけど、味のある喫茶店や飲み屋街あり、センスのよい古本屋・古道具屋あり、さらにはアーレフ道場やみすず学苑という胡散臭い塾を運営しているワールドメイトの支部などもあり、その結果「アンティークとスピリチュアルの街」などと呼ばれている何とも奥深い街なのである。

今回はそんな西荻窪にある味わい深い酒場に行ってきた。西荻窪には割と頻繁に行ってるけど、路地裏にあるので今まで全くその存在に気付かなかった珍竹林(ちんちくりん)。名前からして期待できるでしょ。看板に「ひまつぶし処」と書かれているので大いに暇を潰そうではないか。

ちんちくりん2 ちんちくりん3

料理が出るまで時間がかかるからと、まずは冬瓜の煮物が出てきた。どうやらサービスらしい。隣の人は焼き鳥をもらってた。刺身が美味しいとのことなのでお任せで注文して出てきたのがコチラ。2人分で多分2,000円。たんまりウニが盛られて蒸しアワビなんぞもある。ゴ〜ジャス!他には天ぷらの盛り合わせと何故か「西荻名物」と書かれていたビーフンを注文。これと生中2杯で5,000円ちょい。まぁ安いよね。

ちんちくりん9 ちんちくりん8
ちんちくりん ちんちくりん4

客は常連ばかりの様子だけど、店主の愛想が良いので一見さんでも気兼ねなく入ることができる。近所のおばちゃんがすだちをお裾分けに来たり、下町っぽいイキフン。そして帰りに貰ったサービスチケットの内容に驚いた。期間は限られてるけど、ビール大瓶・マグロ・平目の3点セットを進呈とな。毎日15組様限定とか書かれてるけど、店の規模からいって多すぎやしないか。兎にも角にも超良心的な居酒屋。近所だったら確実にまた行ってるなぁ。

【店舗データ】
営業:東京都杉並区西荻北4-3-16
住所:17:00〜24:00(日曜定休)

【おまけ】
カウンターの前にある魚介類が入ってるガラスケースの注意書き。

ちんちくりん5