読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

全国ノスタルジー探訪

現代に残る、身近な過去を探してあちこち歩いてます。

宮城・東鳴子(鳴子御殿場)の街並みと食堂 千両

宮城の鳴子温泉といえば全国的に有名です。鉄道でも、新幹線で仙台の先、古川まで向かい、そこから「奥の細道湯けむりライン」という愛称の付いた陸羽東線で行くことがができるので車がなくてもアクセスが容易です。またお湯も素晴らしいので、温泉とつけば循環でも良いみたいな人から泉質マニアまで幅広く親しまれています。

大抵、鳴子温泉駅近くのお湯を楽しむ方が多いようですが、ひとつ手前に鳴子御殿場駅という駅があります。御殿場というだけあって、かつては伊達家専用の湯処だったようです。その後は湯治場として親しまれていたということで、鄙びた温泉好きな自分としても行ってみようと思った次第です。


宿が素泊まりだったので、チェックインした後に食事ができるところは無いか散策しました。


IMG_3993

IMG_3999 IMG_4015



IMG_4005 IMG_4006

IMG_4014

IMG_4017

IMG_4024

IMG_4011

やってるのかやってないのか絶妙にわからない宿が並びます。
一応答え合わせとしては「遊清館」「田中旅館」は廃業、「勘七湯」「まるみや旅館」はやっているようです。これも泊まりてぇ…。



IMG_4001
IMG_4002

こちらは温泉マニアに評判の高い初音温泉ですね。いかにも温泉巡りしてそうな人が乗ってそうなバイクが止まってます。次、狙ってます。



IMG_4013

鳴子といえばこけしというイメージがありますね。割と人がいました。3人くらい。




IMG_4016

こちらは地元の方向けの共同浴場のようです。よそ者は入っていいのかしら?(遠慮しておきましたが)




で、食事ができそうなお店を見つけました。「食堂 千両」です。

IMG_4007




店内は……かなり雑然としています。慣れてますけど。


IMG_4044 IMG_4047

IMG_4050 IMG_4055

IMG_4049 IMG_4051






【メニュー】
IMG_4043



カツ丼をお願いしたところ、ご飯が無くなっちゃったということだったので、炊けるまで待ちました。


IMG_4052 IMG_4053

市外局番なしの電話番号表記か…。使い込んでますね。


マスターは割とフレンドリーで、帰りに誰かから貰ったという神戸のお菓子のお土産をくれました。聞くと、やはり東鳴子のお客さんはお湯に惚れ込んだ常連ばっかりのようです。



しかし、東鳴子は、噂に違わぬ鄙びっぷりというか、むしろ退廃的とすら言って良い雰囲気が漂います。何かを諦めているというか、ほろびるままというか……。それは宿で一晩過ごした後更に感じることになります。このデカダンスな温泉街、人によってドハマリするか、ドンビキするかのどっちかでしょう。

さて、このとき宿泊した「高友旅館」は次回のご紹介となります。

IMG_3992




【店舗データ】
住所:宮城県大崎市鳴子温泉赤湯15
営業:17:00〜20:00くらい 不定休?

取材時期:2013年5月