読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

全国ノスタルジー探訪

現代に残る、身近な過去を探してあちこち歩いてます。

【銭湯】四ッ谷・蓬莱湯

新宿区

寒くなってくると銭湯の熱い湯が恋しくなってきます。数年前は、なんだこれはバカか!と思ってましたが、いつのまにか歳のせいもあり、ああいった罰ゲーム並のお湯にサッと湯がかれるのも気持ち良く感じるのです。

そんなTOKYOトラディショナル銭湯スタイルを維持し続けている、四ッ谷の蓬莱湯をご紹介します。

IMG_0525


※一般的には駅名で使われる四ッ谷のほうが馴染みがあると思い、そう表記しています。念のため。
 住所上は「四谷」です。最寄りは丸ノ内線四谷三丁目駅になります。


IMG_0527

唐破風に懸魚、といった伝統的銭湯建築。


IMG_0528

中に入ると、これまた伝統的な番台スタイルです。つまり素晴らしくも逆に番台のオヤジから女性の脱衣所は丸見え。そういうのを気にする女性はちょっと厳しいかもですね(あと、お金を払うフリしてチラ見する男性客もいるでしょう。笑い)。最近ここだけは改装しちゃってる銭湯も多い中、珍しくなりつつあります。



※以下、お客さんのいないタイミングで許可を得て撮影しています。

IMG_0529

脱衣所も昔から変わらない様子。写ってませんが、いわゆる高〜い折り上げ格天井(ごうてんじょう)。う〜んすごい。



IMG_0531

壁側のロッカーもすごい。



IMG_0534

休憩スペースのテーブルは、元々ゲーム台っぽい。このコントローラは、テニス的なアレでしょうか。


IMG_0536

マッサージ機も冷蔵庫もまたいつから使ってるのか不明なくらいレトロ。



IMG_0537

ひげそりホルダーも相当なもの。売ってるやつはジレットの現行モデルっぽいですが。



IMG_0539

ナイロンタオルも、このパッケージで在庫してるんだ…何年売れ残ってるんだ的な。



…とまあいちいち感動しきりでした。
肝心のお湯はぬるいほうの浴槽でも超熱いです。
上島竜平の気分で使っていたところ、知らないおじさんに「ヨッ兄ちゃん 江戸っ子だね!オレもそっち(熱いほう)は入れねえよ」と言われました。やっぱり自分が入ってるほうが熱いほうだったか。
いっつも熱いほうとぬるいほうの浴槽の区別がよくつかなくて間違うんですよね………。


ちなみに他のお客さんがいたので写真は撮れませんでしたが、番台の板は必見です(男性のほう。女性のほうはわかりません)。
というのも、この番台、一枚板にもかかわらず、数十年の間お客さんがお金を置いたり取ったりするうちに自然にヘコんできたくぼみができているのです。これはすごい!ので、是非行ってみてお確かめください。



住所:東京都新宿区四谷4-13
営業:15:00〜24:00 金曜休み

取材時期:2013年2月

2014年9月末をもって廃業されてしまったそうです…。