読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

全国ノスタルジー探訪

現代に残る、身近な過去を探してあちこち歩いてます。

北海道ちほく高原鉄道 ふるさと銀河線 の廃線跡を訪ねる

北海道

今回は趣向を変えて旅ブログっぽく複数案件をご紹介します。

北海道の第三セクター鉄道で、2006年に廃止となったふるさと銀河線廃線跡を巡ろうと思い立ち行ってきたときの記録です。2010年9月時の内容となり、現況と異なる点も多々あることご了承ください。

ふるさと銀河線は、旧国鉄時代にあった、池田と北見を結んだ池北線という路線を継承した第三セクター路線でした。いわゆる特定地方交通線という、ザックリ言うと廃止したほうがいい赤字ローカル線という扱いになり、そこから転換したというような歴史です。もし興味が出たらググってくださいね。

で、2006年の廃止以降かなり遺構が残っているということだったのでお片付けされる前にと思い見てきたわけです。


この訪問の前日は列車で一日1往復しか泊まらない上白滝駅を列車で訪問してから旭川で一泊、そして列車で今度は北見までやってきました。ここからはレンタカーで廃線跡をなぞっていくわけです。といっても道東側をほぼ縦断するような距離なので、途中で車中泊の前提で進みます。

IMG_3112

道東側のとんでもないくらいの広大さはぼくは大好きです。北海道といえば札幌と小樽と旭川しか行ったことない、という人もいますが、とても勿体ないと思います。車をぶっ飛ばしていると、だ〜〜れもいない風景ばかりです。Windows XPの壁紙みたいな風景がたまりません。


まずは国道242号沿いにあった、川上駅を訪問しました。


RIMG0116
北海道でよく見るタイプの木造駅舎が廃墟っぽさと絡んでいい味です。




RIMG0112
中には入れません。そして残念ながら、2013年中にこの駅舎自体撤去されてしまったそうです……。今行っても見られません。


RIMG0122
鉄路って、列車が走らないとすぐサビと草に覆われてしまうんですねえ。




次に、分線駅を訪問しました。こちらも242号沿いですが、少し奥まっているためあやうく見落とすところでした。もし現役だったらこちらも相当に素晴らしい秘境駅だったかと思います。


RIMG0130
最高のロケーションですね。何人使ってたのかわかりませんが…。



RIMG0138
ぼくの大好物のルックスの駅です。



RIMG0142
そしてこちらの駅も、残念ながら既に撤去されたとの情報がありました……。



そのまま南下すると、陸別駅跡があります。

RIMG0157
今は、道の駅、兼「りくべつ鉄道」の施設として営業しています。

RIMG0163
このように列車を動態保存してイベントで動かしたりしているそうです。乗りたい…!


RIMG0165
本当は分線駅やその先まで走らせる計画もあったらしいですが、残念ですがそこまで伸びることはなさそうです。



更に南下して、大誉地(およち)駅跡を訪問しました。


RIMG0167
ここ、鈴木宗男氏の実家があったそうです。それでギリギリまでこの路線もねばった、みたいな話もあるとか。


RIMG0169
中には入れませんでした。


RIMG0177
廃駅はいつも昔どれくらい賑わっていたのかやその街がどうだったかなどの想像力をかき立てさせてくれるので好きです。



この日はこれで打ち止め。帯広十勝川温泉で日帰り入浴し、車中泊しました。写真はありませんがモール泉というやつでとてもいいお湯です。

IMG_3180
車中泊では9月でも凍死しかけたので急遽緊急用のアルミの防寒シートで寒さをしのぎました…。北海道ナメちゃだめですね。


ふるさと銀河線の遺構は現在どれほど残っているかわかりませんが、とにかくこの辺は、いかにも北海道の風景、って感じが好きです。温泉巡りでも廃線巡りでも、あるいはただ車を運転するだけでもオススメです!





【長めのおまけ】
2日目の北見への折返しの行程は、国道273号を北上します。まず旧国鉄士幌線 糠平駅跡を見ました。

RIMG0194

なおこの近くにはタウシュベツ橋梁という鉄道遺構があります。この日は糠平湖の水位が高く見られませんでした。



RIMG0190
車掌車 ヨ3500形がありました。


RIMG0209
こちらは同じく士幌線、幌加駅跡です。



IMG_3203
手動分岐器です。いちおう、遊び放題です!




IMG_3200
しかしまあ、ここを線路がずーっと通ってたんだなぁ、って見たこともない時代のことを夢想します。




この後、ホロカ温泉旅館で立ち寄り入浴をしました。

RIMG0212
味のある建物でした。


RIMG0220
この自然の造形美たる析出物!


IMG_3211
もうたまらないですね。お湯も本当に素晴らしかったです。しかし残念ながら、現在ホロカ温泉旅館は休業中とのこと……。近隣に「湯元 鹿の谷」という温泉があるので今ならそちらに。


最後に、道ばたにおそらく車にひかれたであろうエゾシカの死体を見ながら車を飛ばしていると、ヘンなドライブインを見つけ急遽立ち寄ることに。何がヘンというと…




IMG_3218
キツネ!


ここはくまがい北きつね牧場というお店?でした。グイグイ系の店主にノセらせてキツネにエサをあげました。



IMG_3224
うーん、かわいい……。

キツネのキーホルダーをススメられましたが、断ると急に素っ気なくなったので退散(笑)。エサ買ったからいいじゃない…。

そんな感じで北見まで戻り2日間の廃線&温泉めぐりを締めました。
情報が古くて一部役に立たない内容ですが、北海道道東、道北はほんと面白いので是非色々興味に合わせて回ってみてはどうでしょうか。






【データ】
※廃駅跡、廃線跡は地図で確認するか、古いナビで指定すると行きやすいです。
道の駅 オーロラタウン93りくべつ/りくべつ鉄道公式サイト
ホロカ温泉旅館:休業中
くまがい北きつね牧場公式サイト


取材時期:2010年9月