全国ノスタルジー探訪

現代に残る、身近な過去を探してあちこち歩いてます。

【喫茶店】和歌山 和歌山市・幌馬車

たまに大阪方面の出張があるので、その際はついでに自腹延泊したりして関西周辺の街歩きをします。

 

このときはあまり足をのばしていなかった和歌山市周辺を歩いてみることにしましたが、ズンズン歩きすぎて気がついたらJR和歌山駅から隣駅の紀和駅近くまで来ました。

 

流石に疲れたな〜と思っていたところにちょうど喫茶店が見つかりました。

 

 

 

 

 

f:id:akasofa:20180529110623j:plain

この外観……失礼ながら「やっている」だろうか? という疑問がまずわきますね。

 

 

 

f:id:akasofa:20180529110935j:plain

でも、「モーニングサービス」のノボリが出ている以上、これはやっていると判断して大丈夫でしょう。

 

 

 

 

f:id:akasofa:20180529110854j:plain

よく見たら営業中の札も。そしてこの店の名前は「ホロ馬車」だそうですが、後から調べたら「幌馬車」表記のほうが正しいようなのでそちらで以降統一します。

 

 

 

 

 

f:id:akasofa:20180529110838j:plain

店内はこんな感じ。アイスコーヒーを発注しました(この日はどうかしてたのか、コーヒーの写真を撮り忘れ……)。

 

 

 

 

 

 

f:id:akasofa:20180529110818j:plain

金の招き猫、瓶コーラの冷蔵庫。いい。

 

 

 

f:id:akasofa:20180529110736j:plain

ジュークボックスまで。

 

 

 

f:id:akasofa:20180529110757j:plain

よく見るとメニューが貼られていました。マダムに聞くと「多分もう壊れて動かない」とのこと。 

 

 

 

f:id:akasofa:20180529111008j:plain

マッチをもらいました。こっちは漢字の幌馬車。こういう風に自分の店名表記が揺れているのが昔ながらの良い店の特徴だったりします。同じ店なのに純喫茶だったり喫茶軽食だったりコーヒールームだったり……。

 

 

 

f:id:akasofa:20180529111943j:plain

マダムと会話しましたが、この幌馬車の目の前にあるJR紀和駅は、昔は「和歌山駅」だったそうで、その頃と比べると人が減ったね…と仰っていました。後から調べたら確かにそのとおりで、現「和歌山駅」は当時は東和歌山駅として営業、色々紆余曲折あり今のかたちになったそうです。和歌山駅和歌山市駅もまた別物ですし、鉄道から街の歴史を学んでいくのも楽しいですね。このへん詳しくはWikipediaをご参照ください。

 

 

 

 

f:id:akasofa:20180529110546j:plain

今の紀和駅。ここはメインルートではなく1時間に1本くらいしか列車が来ないので、和歌山市駅方面までまた歩くことにしました。

 

 

 

【おまけ】

f:id:akasofa:20180529111215j:plain

幌馬車を出て和歌山市駅を目指す途中で見かけたお店。さすがにご常連でいっぱいのところに入店(ほぼ外ですが)する勇気がでずスルー……。

 

 

【店舗データ】

住所:和歌山県和歌山市中之島771

営業:ききそびれましたが朝から夕方くらいまで

取材時期:2017年10月

三重・オレンジペコー(川戸紅茶)

f:id:akasofa:20180429003215j:plain

ねむけをさます モーレツ紅茶

この店の存在を初めて知ったときは確かに眠気が覚めました。そして長らく課題店として意識しつつ年月が経ち、遂に2016年に訪れる機会を作ることができました。

そしてたまたま知ったのですが、このお店2018年4月いっぱいで閉店してしまうとのこと。きっと忙しいと思われ躊躇いつつも「本当ですか!?」と電話してしまいました。

 

 

f:id:akasofa:20180429004624j:plain

場所は三重県亀山市オレンジペコという名前の喫茶店です。

まず三重にあまり用事が無いことと、車が無いと割と躊躇する距離というのもありなかなか訪れることができませんでした。

 

 

f:id:akasofa:20180429004802j:plain

鉄道で訪れる場合はJR関西本線 井田川駅が一応最寄りです。ここから20分ほど歩きます。

 

f:id:akasofa:20180429004913j:plain

通常は徒歩の人を殆ど見かけない風景です。

 

 

f:id:akasofa:20180429004935j:plain

トラックがビュンビュン走る道路を歩きます。これが本当に辛い。しかもこの日は雨だったので尚更……。

 

 

f:id:akasofa:20180429005022j:plain

ようやく見えてきたときは本当にほっとしたのを覚えています。

 

 

 

f:id:akasofa:20180429005051j:plain

モーレツ紅茶チェーン オレンジペコー。

このロゴ最高じゃないですか。

 

 

 

f:id:akasofa:20180429005121j:plain

この坊やたちの手も良すぎる。

 

 

 

 

 

f:id:akasofa:20180429005217j:plain

内装も素晴らしく、お願いして撮りまくらせていただきました。

 

 

f:id:akasofa:20180429005248j:plain

小上がりの席もある。ガラスに裏写りするメニューが良いですね…。

 

 

f:id:akasofa:20180429005331j:plain

ググっと調理場を取り囲むカウンター席。

 

 

 

f:id:akasofa:20180429005402j:plain

f:id:akasofa:20180429005412j:plain

照明もいちいちカッコイイ。この味わいは2010年代の今一番輝くデザインです。

 

 

f:id:akasofa:20180429005525j:plain

メニューは名物のモーレツ紅茶、みそ焼きうどん、そしてサービスのお菓子をいただきました。

 

f:id:akasofa:20180429005651j:plain

モーレツ紅茶はほぼコーヒーに近いレベルの色で、要するにめちゃめちゃ濃い紅茶です。

 

 

f:id:akasofa:20180429005810j:plain

f:id:akasofa:20180429005816j:plain

「スタミナ紅茶」というメニューもあって、レモンにハチミツの紅茶だそうです。

 

 

f:id:akasofa:20180429005158j:plain

トイレのドアのイラストもかわいい〜〜。

 

 

 

で、冒頭の電話のくだりに戻りますが、訪問当時「また来ます!」と言ったのも叶わなくなってしまいました(自分の中では「また来ます!」はお世辞ではなく割と本気で言ってます)。自分は常連などではなく数年前に一度行ったきりですが…と言うとそれでも…とマダムはお礼を言ってくださいました。とても印象深く、とてもお気に入りの店だったので寂しいですが、これもまた仕方のない話です。

 

 

 

f:id:akasofa:20180429003009j:plain

買っておいたマグカップは今も愛用しています。

 

 

【店舗データ】

住所:三重県亀山市和田町458-1

取材時期:2016年3月

新小岩・中華 六番

この記事の後半にリンクを貼っていますが、ライフワークのひとつとして「ナンバリングの中華料理屋」を集めています。

中華料理といえば「一番」とか「十番」みたいのをよく見ますし、「三番」とか「七番」とかも色々あります。しかしその中では殆どみかけないナンバーもあります。そのひとつが今回の「中華 六番」です。六番って、他にありますでしょうか……?

 

 

 

 

f:id:akasofa:20180108002036j:plain

というわけで「中華 六番」です。新小岩から歩くと20分くらいかかるのでバスの利用もオススメです。

 

 

 

f:id:akasofa:20180108002311j:plain

メニューはなぜか布製。茶けた感じが信頼できますね。

 

 

f:id:akasofa:20180108002333j:plain

席はカウンター、テーブルが2セットほど。

 

 

 

f:id:akasofa:20180108002402j:plain

奥の席は常連さん御用達な感じ。

 

 

 

 

 

f:id:akasofa:20180108002233j:plain

ラーメンです。麺が好きなタイプで一気に胃袋に入っていきました。きんぴらはサービス。ペットボトルで供された水は飲み放題!

 

しかし「六番」ってどういう由来なのでしょう、という話をマダムに聞きました。答えは以下の記事に書きましたのでよろしければ併せてご覧下さい。

hyenasclubs.org

※もったいぶるほどではないですが……。

 

 

 

 

f:id:akasofa:20180108002446j:plain

もう時効だから書きますが、隣に座って飲んでいたこのおっちゃんは家から電話がかかってきて「今帰ってるところ」と思いっきりウソをついていました(笑)。

 

 

 

 

f:id:akasofa:20180108001945j:plain

六番、良い店でした。

そして帰りは徒歩で。駅から離れた土地でヨソモノがあまり知らない商店街を見つけて嬉しくなりました。

 

【店舗データ】
住所:東京都葛飾区東新小岩6-30-12

営業:11:30〜ラストオーダー18:30 水曜休み

取材時期:2016年11月