読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

全国ノスタルジー探訪

現代に残る、身近な過去を探してあちこち歩いてます。

【洋食】浅草・大木

素晴らしい洋食屋に出会ってしまった。

ある時私が華麗にネットサーフィンをしていたところ、一枚の風景が目に飛び込んできた。それが大木の外観だった。その外観に心奪われ急いでグーグル先生に尋ねたところ、現在も現役で営業していることを知り、さらに衝撃を受けた。
私が知らないビックリするような世界がまだあることを知り、自分の未熟さを恥じた。なので私にきっかけを与えてくれた店なのだけど、なかなか行く機会がなくて今回念願の訪問となった。

朽ちた外壁、アーチを描いた暖簾、庇の配色、木枠のガラス戸、拙い文字のメニュー、どれをとっても素晴らしい!

IMG_1277.jpg IMG_1288.jpg
IMG_1280.jpg IMG_1279.jpg

ラーメンを注文後、すぐに店主が「良かったら」と、スカイツリーの写真の束を持ってきた。聞くと、早朝の散歩の時に撮っているらしい。見渡すと、店内にも色々な写真が飾ってある。

私も写真が好きなので色々話していたところ、ラーメンが運ばれた後も「ろくな写真がない」と言いながら次から次に写真のファイルを見せてくれる。その中に常連である立川談志の写真があって、ビン・ラディンTシャツを着て、ビン・ラディン風の付け髭をつけて最高の笑顔で写ってる一枚があった。立川談志に好感を持った。

IMG_1286.jpg IMG_1285.jpg

会話に夢中になって、ラーメンはノビノビになってしまった。写真も撮り忘れた。二人きりで1時間以上は会話をしていたと思う。ちょうど私もフィルムのコンパクトカメラを持っていたので、折角なので店主を撮らせてもらった。御年72歳の元気なおじいちゃん。お店は昭和30年初頭の開業で、数年前に先代が亡くなり現在は一人で営業しているとのこと。お店以上に魅力的は店主で、私はたちまち虜になってしまった。また写真を見せてもらおう。

IMG_1287.jpg

【店舗データ】
住所:東京都台東区浅草 5-45-13
営業:11:00〜21:00(中休みは設けてないけど買い出しで空けることはあるとのこと)
   不定休